願掛けで有名な四国巡礼のお遍路を代理参拝致します。お体が不自由なため巡礼できない方、お時間に余裕がない方、是非当方のお遍路代参サービスをご検討ください。
表紙ページへお遍路とは巡礼代参サービスよくあるご質問サービス料金お問合せ窓口
 
お遍路代行承ります
 
お遍路写真集
 
表紙ページへ
お遍路とは
巡礼代参サービス
よくあるご質問
特定商法取引表記
お問合せ窓口
 
 
 
 
参拝に伺えないご本人に代わり、参拝を代行する事、又、行う方を代参といいます。
土地を離れられなかったり、病床、故人のご意志、又、村や講で代表に託す代表代参など、様々な形で代参が託されます。

現在でも四国に残る「お接待」はお遍路さんへの施しの慣習ですが、同時に、「私の分もお願いします」といった仏道への寄託を願う、代参の形の一つでもあるのです。

ご依頼頂いた方に代わり、心を込めて遍路代行させて頂きます。御依頼主様の代わりに巡礼させて頂いていることを忘れず、礼節を尽くしてお参りさせて頂きます。

代理参拝でもご利益は変わりませんのでご安心して下さい。
又、二回、三回と印を重ね押しされた納経帳は功徳が増すとされ大変有り難いものとされています。満願を達成した納経帳を棺桶の中に入れると極楽浄土に行けると言われています。
 
当方では八十八箇所巡礼の【徒歩巡礼プラン】【公共機関使用プラン】
八十八箇所と別格二十霊場、合計百八箇所を巡る【徒歩巡礼プラン】【公共機関使用プラン】をご用意させていただきました。
 
 
 
1 ご注文フォームよりご予約ください
ご注文フォームより必要事項をご記入の上ご依頼ください。
お電話でのお申込み(042-703-4738)も承ります。

内容を確認後、直接ご連絡させていただきます。
2 ご面会
東京、神奈川、埼玉、千葉ご在住のお客様にはお伺いしてお遍路代行のご説明、お客様のご事情、思いなどをお伺いに参ります。
※その他の地域にご在住でご面会をご希望の方はお問合せください。
3 納め札のご記入
■納め札の記入をしていただきます。

お申し込みをいただいた後、納め札200枚を送付いたします。
ご依頼主様も一緒にご参拝しているという意味ですので、 なるべくご自身でご記入下さい。
参拝させていただくお寺の数×2枚が必要です。

住所・氏名・年齢・願い事をご記入下さい。
(住所には、番地は書かずに市町村までで結構です)
年月日のご記入は要りません。
ご不自由な方は、ゴム印等でもかまいません。
代筆等も承っておりますので、お申し出下さい。

4 ご返送
■同封の返信用封筒にてご返送下さい。

巡礼時に持参をご希望される思い出の品(お写真など)がございましたら、納め札と共に同封頂き、ご返送下さい。
ご記入いただいた納め札が届き次第、改めてこちらから開始日時と納品日時を調整し、ご連絡させていただきます。
5 ご入金確認後出発
ご入金確認後、出発のスケジュール等ご連絡させていただきます。
※実際の参拝ルートはコチラをご参照ください。
6 代理参拝の開始
■ご依頼主様のご意思、願いが伝わりますよう、お心をもって代理参拝いたします。

代理参拝の内容】

  1. 門前にて合掌、一礼し、境内に入り水屋で手と口を清める。
  2. 許可がある所では鐘楼で鐘を打ちます。
  3. 本堂、大使堂にて納め札を入れ、線香、ロウソクをあげ、お賽銭を入れて読経します。
  4. 納経所にて納経帳にご朱印を頂きます。
  5. 門前にて合掌、一礼し、次のお寺に向かいます。
  6. 毎日、巡礼終了後に、電話かメールにてご依頼主様に巡礼のご報告を致します。

仏道にはもちろん、お寺やお四国の方に、礼儀・作法を尽くして
失礼のないようお参りさせていただきます。

7 納品
■結願後、納経帳などをお渡しいたします。

代理参拝の内容】

四国88ヶ所札所と高野山奥の院で御朱印と黒書を頂いた納経書は遍路終了後、お渡し致します。各札所・奥の院ではきちんと読経による納経をいたします(写経による納経をご希望の際はお申し出ください)。

 
 
  第一番 霊山寺
第二番 極楽寺
第三番 金泉寺
第四番 大日寺
第五番 地蔵寺
第六番 安楽寺
第七番 十楽寺
第八番 熊谷寺
第九番 法輪寺
第十番 切幡寺
第十一番 藤井寺
第十二番 焼山寺
第十三番 大日寺
第十四番 常楽寺
第十五番 国分寺
第十六番 観音寺
第十七番 井戸寺
第十八番 恩山寺
第十九番 立江寺
第二十番 鶴林寺
第二十一番 太龍寺
第二十二番 平等寺
第二十三番 薬王寺
第二十四番 最御崎寺
第二十五番 津照寺
第二十六番 金剛頂寺
第二十七番 神峰寺
第二十八番 大日寺
第二十九番 国分寺
第三十番 安楽寺
第三十一番 竹林寺
第三十二番 禅師峰寺
第三十三番 雪蹊寺
第三十四番 種間寺
第三十五番 清滝寺
第三十六番 青龍寺
第三十七番 岩本寺
第三十八番 金剛福
第三十九番 延光寺
第四十番 観自在寺
第四十一番 龍光寺
第四十二番 仏木寺
第四十三番 明石寺
第四十四番 大宝寺
第四十五番 岩屋寺
第四十六番 浄瑠璃寺
第四十七番 八坂寺
第四十八番 西林寺
第四十九番 浄土寺
第五十番 繁多寺
第五十一番 石手寺
第五十二番 太山寺
第五十三番 円明寺
第五十四番 延命寺
第五十五番 南光坊
第五十六番 泰山寺
第五十七番 栄福寺
第五十八番 仙遊寺
第五十九番 国分寺
第六十番 横峰寺
第六十一番 香園寺
第六十二番 宝寿寺
第六十三番 吉祥寺
第六十四番 前神寺
第六十五番 三角寺
第六十六番 雲辺寺
第六十七番 大興寺
第六十八番 神恵院
第六十九番 観音寺
第七十番 本山寺
第七十一番 弥谷寺
第七十二番 曼荼羅寺
第七十三番 出釈迦寺
第七十四番 甲山寺
第七十五番 善通寺
第七十六番 金倉寺
第七十七番 道隆寺
第七十八番 郷照寺
第七十九番 高照寺
第八十番 国分寺
第八十一番 白峰寺
第八十二番 根香寺
第八十三番 一宮寺
第八十四番 屋島寺
第八十五番 八栗寺
第八十六番 志度寺
第八十七番 長尾寺
第八十八番 大窪寺
 
           
         
 
空海=弘法大師=お大師さんが開祖と伝えられる四国霊場八十八ヶ所は有名です。
その他にも、四国には、お大師さまの足跡を今に伝える場所が数多く存在しています。
それらは特に「番外札所(または霊場)」と呼ばれ、寺院やお堂が建立され、古より大切に守り伝えられています。

そのうちの二十寺が昭和41年、『別格霊場会』を発足。
そして誕生したのが『四国別格霊場』です。

「八十八箇所+別格二十箇所=百八」

百八=煩悩の数となる故に、近年では煩悩消滅の旅として八十八ヶ所と合わせて巡拝される方も増えています。
下記地図で赤文字の部分が四国別格二十霊場です。
 
 
  ■1日目 第1〜6番
16.3km

■2日目 第7〜10番
19.8km

■3日目 第11〜12番
24.3km

■4日目 第13〜17番
23.1km

■5日目 第18〜19番
24.1km

■6日目 第20 〜 22番
29.1km

■7日目 第23番
34.5km

■8日目
38km

■9日目 第24〜26番
29.1km

■10日目 第27番
36.4km

■11日目 第28〜30番
28.4km

■12日目 第31〜34番
29.6km

■13日目 第35〜36番
37.3km

■14日目
37.1km

■15日目 第37番
34.7km

■16日目
32.8km

■17日目 第38番
33.5km

■18日目 第39番
34.1km

■19日目 第40番
30.2km

■20日目
31.3km
■21日目 第41〜43番
24.9km

■22日目
35.5km

■23日目
30.5km

■24日目 第44〜45番
25.1km

■25日目 第46〜51番
31.7km

■26日目 第52〜53番
37.4km

■27日目 第54〜59番
25.9km

■28日目
15.7km

■29日目 第60〜61番
18.9km

■30日目 第62〜64番
33.3km
■31日目 第65番
29.1km

■32日目 第66〜67番
21.8km

■33日目 第68〜75番
25.5km

■34日目 第76〜79番
26.3km

■35日目 第80〜82番
17.3km

■36日目 第83番
17.9km

■37日目 第84〜87番
28.2km

■38日目 第88番
10.1km

■39日目
高野山
 
 
お申し込み・お問合せはこちらから
 
お遍路代参サービス お申し込みフォーム
 
 
 
Copyright(C) 2013 八十八満願堂 All Rights Reserved.