願掛けで有名な四国巡礼のお遍路を代理参拝致します。お体が不自由なため巡礼できない方、お時間に余裕がない方、是非当方のお遍路代参サービスをご検討ください。
表紙ページへお遍路とは巡礼代参サービスよくあるご質問サービス料金お問合せ窓口
 
お遍路代行承ります
 
お遍路写真集
 
表紙ページへ
お遍路とは
巡礼代参サービス
よくあるご質問
特定商法取引表記
お問合せ窓口
 
 
 
 
お遍路とは、今から約1,200年前、お大師さま(弘法大師・空海)が人々の災難を除くために開いた八十八ヶ所の霊場を巡拝すること。また、お遍路をする人をお遍路さんといいます。

昔は世捨ての旅として知られた、全行程1,400Kmにもおよぶ厳しい道のりの四国八十八ヶ所巡り。かつてのお遍路は、家内安全・病気平癒・先祖供養など、現世や将来を願う祈りの旅でした。近年では、信仰によるもの以外に、健康のため、ストレス解消のため、自分自身を見つめ直すため、観光としてなど、さまざまな目的で巡られています。

お遍路は寺(札所)に到着すると決まった流れに従って本堂と大師堂に参り、般若心経を唱えその後お参りした証として納め札を納め、納経所へ赴きご朱印を頂きます。

八十八ヶ所全てを巡ることができれば「結願成就」、その後に高野山奥の院へ参れば「満願成就」となります。

当方では諸事情により参拝に伺えない方、病床、故人のご意思、講、団体代表などのお遍路代参を承っております。ご依頼者様のお心をもって、一歩一歩大切に代参致します。

 
 
四国霊場がなぜ八十八ヶ所と定められたかについては、現在のところ定説はありませんが、諸説をいくつかご紹介します。

八十八という数字は、人間のもつ煩悩の数で、霊場を八十八ヶ所巡ることによって煩悩が消え、成仏できるということから定着したといわれています。他にも、「米」の字に通じることから、五殻豊穣を祈る数であるとか、男42歳、女33歳、子供13歳の厄年を合計した数という説もあります。
 
  第一番 霊山寺
第二番 極楽寺
第三番 金泉寺
第四番 大日寺
第五番 地蔵寺
第六番 安楽寺
第七番 十楽寺
第八番 熊谷寺
第九番 法輪寺
第十番 切幡寺
第十一番 藤井寺
第十二番 焼山寺
第十三番 大日寺
第十四番 常楽寺
第十五番 国分寺
第十六番 観音寺
第十七番 井戸寺
第十八番 恩山寺
第十九番 立江寺
第二十番 鶴林寺
第二十一番 太龍寺
第二十二番 平等寺
第二十三番 薬王寺
第二十四番 最御崎寺
第二十五番 津照寺
第二十六番 金剛頂寺
第二十七番 神峰寺
第二十八番 大日寺
第二十九番 国分寺
第三十番 安楽寺
第三十一番 竹林寺
第三十二番 禅師峰寺
第三十三番 雪蹊寺
第三十四番 種間寺
第三十五番 清滝寺
第三十六番 青龍寺
第三十七番 岩本寺
第三十八番 金剛福
第三十九番 延光寺
第四十番 観自在寺
第四十一番 龍光寺
第四十二番 仏木寺
第四十三番 明石寺
第四十四番 大宝寺
第四十五番 岩屋寺
第四十六番 浄瑠璃寺
第四十七番 八坂寺
第四十八番 西林寺
第四十九番 浄土寺
第五十番 繁多寺
第五十一番 石手寺
第五十二番 太山寺
第五十三番 円明寺
第五十四番 延命寺
第五十五番 南光坊
第五十六番 泰山寺
第五十七番 栄福寺
第五十八番 仙遊寺
第五十九番 国分寺
第六十番 横峰寺
第六十一番 香園寺
第六十二番 宝寿寺
第六十三番 吉祥寺
第六十四番 前神寺
第六十五番 三角寺
第六十六番 雲辺寺
第六十七番 大興寺
第六十八番 神恵院
第六十九番 観音寺
第七十番 本山寺
第七十一番 弥谷寺
第七十二番 曼荼羅寺
第七十三番 出釈迦寺
第七十四番 甲山寺
第七十五番 善通寺
第七十六番 金倉寺
第七十七番 道隆寺
第七十八番 郷照寺
第七十九番 高照寺
第八十番 国分寺
第八十一番 白峰寺
第八十二番 根香寺
第八十三番 一宮寺
第八十四番 屋島寺
第八十五番 八栗寺
第八十六番 志度寺
第八十七番 長尾寺
第八十八番 大窪寺
 
 
 
空海=弘法大師=お大師さんが開祖と伝えられる四国霊場八十八ヶ所は有名です。
その他にも、四国には、お大師さまの足跡を今に伝える場所が数多く存在しています。
それらは特に「番外札所(または霊場)」と呼ばれ、寺院やお堂が建立され、古より大切に守り伝えられています。

そのうちの二十寺が昭和41年、『別格霊場会』を発足。
そして誕生したのが『四国別格霊場』です。

「八十八箇所+別格二十箇所=百八」

百八=煩悩の数となる故に、近年では煩悩消滅の旅として八十八ヶ所と合わせて巡拝される方も増えています。
下記地図で赤文字の部分が四国別格二十霊場です。
 
 
 
お遍路で、よく使われる用語集です。
 
用語 意味
お四国(おしこく) 四国八十八ヶ所の札所のこと。
大日如来(だいにちにょらい) 密教の本尊(根本の仏様)、宇宙の本体であり絶対の真理をあらわすとされている。
お大師さま(おだいしさま) 弘法大師 空海のこと。
同行二人(どうぎょうににん) ひとり遍路でも弘法大師が常に見守ってくれているので、お大師さまと自分の2人で修行をしているという意味。
真言宗(しんごんしゅう) 弘法大師を開祖とする密教の宗派
般若心経(はんにゃしんぎょう) 仏教の教えを短くまとめたもの。
十善戒(じゅうぜんかい) お遍路さんを歩むにあたっての心構え。
打つ(うつ) 札所を巡礼すること。
順打ち(じゅんうち) 札所を1番札所から順番に参ること。
逆打ち(ぎゃくうち) 「順打ち」とは反対に、88番札所から逆に参ること。
通し打ち(とおしうち) 札所を一度にすべて巡礼する方法。
区切り打ち(くぎりうち) 札所を数カ所に分けて巡礼すること。
打ち戻り(うちもどり) 次の札所へ行くために、来た道を戻ること。
一国参り(いっこくまいり) 四国の4県をひとつずつお遍路巡礼すること。
週末遍路(しゅうまつへんろ) 週末を利用して札所を回ること。
先達(せんだつ) 四国霊場を何度も回っている先導者のこと。
札所(ふだしょ) 八十八ヶ所のお寺のこと。
番外札所(ばんがいふだしょ) 八十八ヶ所以外の弘法大師ゆかりの地やお寺のこと。又は番外札所
納め札(おさめふだ) 納め札は、各札所で本堂と大師堂の2箇所で納札を納める。巡拝回数が1回〜4回目までの方は白札、5回〜7回目が青い納め札、8〜24回目が赤い納め札、 25回〜49回目が銀色の納め札、50〜100回目の方は金色の納め札を、100回以上は錦札を納めることになっている。
本堂(ほんどう) お寺の本尊を祀るお堂のこと。
大師堂(たいしどう) 寺の中で弘法大師が祀られているお堂。
発願寺(はっがんじ) 巡礼を始めた寺がその人にとっての発願寺となる。大師に心願を立てる寺。
結願(けちがん) 四国八十八ヶ所すべての札所を巡礼し終えること。
通夜堂(つやどう) 札所の寺内にあるお遍路の宿泊施設
お接待(おせったい) お遍路さんに対して施しを行うこと。
善根宿(ぜんこんやど) お遍路さんに対し宿を提供するお接待の一つ
遍路ころがし(へんろころがし) 遍路泣かせの険しい難所のこと。11〜12番や19〜20〜21番への道のり、標高750mの60番、標高910mの66番など。
お勤め(おつとめ) お寺で行われる法事や行事など。
 
お遍路 代行・代理参拝詳細ページへ
 
 
 
Copyright(C) 2013 八十八満願堂 All Rights Reserved.