願掛けで有名な四国巡礼のお遍路を代理参拝致します。お体が不自由なため巡礼できない方、お時間に余裕がない方、是非当方のお遍路代参サービスをご検討ください。

表紙ページへお遍路とは巡礼代参サービスよくあるご質問サービス料金お問合せ窓口
 
 
お遍路代参承ります
 
お遍路写真集
 
表紙ページへ
お遍路とは
巡礼代参サービス
よくあるご質問
特定商法取引表記
お問合せ窓口
 
 
 
 
八十八満願堂がTVで紹介されました!

第16回FNSソフト工場『世にも奇妙な職業安定所』

番組紹介URL:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140716-290.html
 
お遍路代行 お遍路代行 お遍路代行 お遍路代行
お遍路代行 お遍路代行 お遍路代行 お遍路代行
 
四国巡礼お遍路とは?
 
当方をご利用いただきましたお客様のご感想・お声をご紹介させていただいております。
 
 
 
四国巡礼お遍路とは?
 
以前より四国八十八カ所遍路に興味があり、数年前より3度に渡り歩きお遍路を致しました。

お遍路したくても、仕事等で時間的に余裕がない、体力に不安がある、四国から遠い所に住んでいるなど、様々な理由でお遍路できない方の為に私自身体力に自信があるうちに皆様のお役に たてないかと思い、四国巡礼お遍路代参サービス八十八満願堂を設立致しました。

自分で行かなければ意味がないなどとお考えの方もいらっしゃると存じますが
江戸時代初期より様々な霊場での巡礼が流行するようになりましたが、遠方などで参拝に伺えない人々が「講」を作り、皆でお金を出し合い、一人が講一同の代表として巡礼したという歴史があります。

ご依頼主様には直接お伺いして、お話をお聞きしご納得の上でご依頼頂ければ幸いで御座います。

お遍路代行は信頼関係が大事だと思っております。

ご依頼主様のご意思や願い事をまごころをもって一歩一歩大切に代理参拝させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

八十八満願堂店主 工藤誉士
 
 
参拝に伺えないご本人に代わり、参拝を代行する事、又、行う方を代参といいます。
土地を離れられなかったり、病床、故人のご意志、又、村や講で代表に託す代表代参など、様々な形で代参が託されます。

現在でも四国に残る「お接待」はお遍路さんへの施しの慣習ですが、同時に、「私の分もお願いします」といった仏道への寄託を願う、代参の形の一つでもあるのです。

ご依頼頂いた方に代わり、心を込めて遍路代行させて頂きます。御依頼主様の代わりに巡礼させて頂いていることを忘れず、礼節を尽くしてお参りさせて頂きます。

代理参拝でもご利益は変わりませんのでご安心して下さい。
又、二回、三回と印を重ね押しされた納経帳は功徳が増すとされ大変有り難いものとされています。満願を達成した納経帳を棺桶の中に入れると極楽浄土に行けると言われています。
 
 
 
四国霊場がなぜ八十八ヶ所と定められたかについては、現在のところ定説はありませんが、諸説をいくつかご紹介します。

八十八という数字は、人間のもつ煩悩の数で、霊場を八十八ヶ所巡ることによって煩悩が消え、成仏できるということから定着したといわれています。他にも、「米」の字に通じることから、五殻豊穣を祈る数であるとか、男42歳、女33歳、子供13歳の厄年を合計した数という説もあります。
 
  第一番 霊山寺
第二番 極楽寺
第三番 金泉寺
第四番 大日寺
第五番 地蔵寺
第六番 安楽寺
第七番 十楽寺
第八番 熊谷寺
第九番 法輪寺
第十番 切幡寺
第十一番 藤井寺
第十二番 焼山寺
第十三番 大日寺
第十四番 常楽寺
第十五番 国分寺
第十六番 観音寺
第十七番 井戸寺
第十八番 恩山寺
第十九番 立江寺
第二十番 鶴林寺
第二十一番 太龍寺
第二十二番 平等寺
第二十三番 薬王寺
第二十四番 最御崎寺
第二十五番 津照寺
第二十六番 金剛頂寺
第二十七番 神峰寺
第二十八番 大日寺
第二十九番 国分寺
第三十番 安楽寺
第三十一番 竹林寺
第三十二番 禅師峰寺
第三十三番 雪蹊寺
第三十四番 種間寺
第三十五番 清滝寺
第三十六番 青龍寺
第三十七番 岩本寺
第三十八番 金剛福
第三十九番 延光寺
第四十番 観自在寺
第四十一番 龍光寺
第四十二番 仏木寺
第四十三番 明石寺
第四十四番 大宝寺
第四十五番 岩屋寺
第四十六番 浄瑠璃寺
第四十七番 八坂寺
第四十八番 西林寺
第四十九番 浄土寺
第五十番 繁多寺
第五十一番 石手寺
第五十二番 太山寺
第五十三番 円明寺
第五十四番 延命寺
第五十五番 南光坊
第五十六番 泰山寺
第五十七番 栄福寺
第五十八番 仙遊寺
第五十九番 国分寺
第六十番 横峰寺
第六十一番 香園寺
第六十二番 宝寿寺
第六十三番 吉祥寺
第六十四番 前神寺
第六十五番 三角寺
第六十六番 雲辺寺
第六十七番 大興寺
第六十八番 神恵院
第六十九番 観音寺
第七十番 本山寺
第七十一番 弥谷寺
第七十二番 曼荼羅寺
第七十三番 出釈迦寺
第七十四番 甲山寺
第七十五番 善通寺
第七十六番 金倉寺
第七十七番 道隆寺
第七十八番 郷照寺
第七十九番 高照寺
第八十番 国分寺
第八十一番 白峰寺
第八十二番 根香寺
第八十三番 一宮寺
第八十四番 屋島寺
第八十五番 八栗寺
第八十六番 志度寺
第八十七番 長尾寺
第八十八番 大窪寺
 
 
 
 
     
  初めてお遍路代参をご依頼される方が多いかと思います。初めての方にもわかりやすくご依頼から実際お遍路代参までの手順、諸費用なども詳しくご説明させて頂きます。ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せくださいませ。
     
     
  ご依頼主さまのお心と供に代参いたします。ご本人様に代わり、ご意志、願いが伝わります様、お大師さまと供にお心をもって歩き代参致します。 [ ご依頼主さまの心移し品(写真、愛用品など)などがございましたら、代者にお預け頂けますとお品と供に代参させて頂きます。
     
     
  お寺や地元の方に礼儀を欠くことがありません様、礼節・作法を尽くしてお参り致します。

お遍路では弘法大師開基である密教真言宗の参拝作法を基本とています。代者は般若心経をお納めし勤行次第はもちろん参拝作法を守り、仏道に礼節をもってお参り致します。
     
     
  代参中は毎日、お参りした札所や巡礼場所のご報告を致します。

又、巡者とは直接、携帯電話で連絡を取り頂けますので、幾一、巡礼状況をお知りになる事が出来ます。
     
     
  四国88ヶ所札所と高野山奥の院で御朱印と黒書を頂いた納経帳と御影入れは遍路終了後、お渡し致します。各札所・奥の院ではきちんと読経による納経をいたします(写経による納経をご希望の際はお申し出ください)。

また、併せて遍路用品一式もお渡し致します。
     
 
 
お遍路 代行・代理参拝詳細ページへ
 
 
 
Copyright(C) 2012 八十八満願堂 All Rights Reserved.